世界!ニッポン行きたい人応援団で山の芋をご紹介頂きました。

篠山で「こはぜや屋」をされている青山産業研究所の青山さんより、アメリカの女性が日本に来て足袋作りを学ぶテレビ番組に出演すると連絡がありました。その際、ゲストを盛り上げるパーティーをするから地元食材を使った料理でおもてなししたい、と声をかけて頂きました。田中正一商店の山の芋や店主が山の芋の素揚げを作る模様などを放映して頂きました。37分あたりから出演しています。


世界!ニッポン行きたい人応援団2018年1月15日放映

「丹波篠山 山の芋焼酎」が五つ星ひょうごに選定されました!

田中正一商店オリジナル「丹波篠山 山の芋焼酎」が 平成29年度「五つ星ひょうご」に選定されました!お買いものはこちら

「五つ星ひょうご」とは・・・ひょうご五国(摂津・播磨・但馬・丹波・淡路)の豊かな自然や歴史・文化を生かした商品のうち、“地域らしさ”に加えて、これまでにない新規性やオリジナリティなどの“創意工夫”が施された逸品を、統一ブランド名「五つ星ひょうご」として全国に発信するものです。

【山の芋】グルテンフリー!山の芋のお好み焼き

<材料> (2人分)
丹波篠山山の芋 4cm角のサイコロぐらい (おろして、とろろにする)
キャベツ    4分の1玉 (粗い千切りにする)
卵       1個
揚げ玉(天かす) 好きなだけ
ネギ      1本(小口切り)
干しエビ    大1(あればおいしいが、なくてもよい)
だし汁     25~50cc(鰹節に熱湯をそそいで即席で作る)

和風特製ソース お好み焼きソースとしょうゆを1対1で混ぜる。

<作り方>
1.キャベツ4分の1玉を粗い千切りにし、すべての材料を入れ、ぐるぐる全体がひとまとまりになるまで混ぜる。だし汁は最初25cc入れ、固さを見ながら足していく。
2.あたためたフライパンに油をしき、生地を置いて、豚バラ肉をのせ、中火で5分、蓋をして焼く。
3.焦げ目がついたら裏返し、蓋をして更に5分、豚バラ肉に焦げ目がつくまで焼く。
4.もう一度裏返して、カリっとするまで焼く。
5.お好み焼きソースとしょう油を同量混ぜて和風の特製ソースを作る。
6.特製ソースとお好みでマヨネーズ、粉かつおをかける。

【山の芋】子供にも大人気!コーン入り山の芋落とし揚げ

材料(2人分)
丹波篠山産山の芋    150g (中玉 約半分)
コーンや枝豆             好きなだけ
だし汁        約10cc (たくさん入れるとやわらかい仕上がりになります)
しょう油         少々

作り方:
1. 丹波篠山産山の芋の皮を薄くむいてすりおろす。
2. コーンや枝豆、だし汁、しょう油をまぜる。
3.熱した油にスプーンですくって落とし、表面が固まったらできあがり。
4. お好みで塩をつけてお召し上がりください。

☆コーンや枝豆がなければ、何もいれなくてもおいしくできます。
☆分量は適当で大丈夫です。山の芋によって粘り気が違うのでお好みの固さに調節してください。

【大納言小豆】超簡単!ぜんざい

材料(8人分)
大納言小豆 250g
砂糖            150g
塩         ふたつまみ
お餅        お好みで

作り方:
1. あずきを洗って、たっぷりの水で小豆がやわらかくなるまで1時間程煮る。
2. 途中、水が少なくなったら継ぎ足す。
3. 砂糖と塩を入れて、更に10分程、煮詰める。甘さはお好みで加減して下さい。
4. お餅を焼いて椀に入れ、上からぜんざいをかけて頂く。

大納言小豆のショッピングサイトは こちら